不妊に対しての治療

不妊の原因は、男性側の栄養不足?

一般的に、妊活(妊娠活動)を始めてから、2年の間に子供が出来なければ、「不妊」と言われています。その原因の多くは、女性にあると考えられていますが、男性にも無論、原因があります。その中には、精子の数が少ないという物や活動率が低いというモノがあります。 無論、子供は天からの授かりもの。人工授精等をしても授からない場合や、逆に不妊治療をやめた夫婦の元に子供が誕生したという話もあります。 不妊の原因は人それぞれの為、断定するというのは難しいでしょう。 しかし、原因となり得る物を少しずつ減らし、不妊の二文字を遠ざける方法もあります。 その中でも、日々の食事の中に意識して取り入れると良いと言われるのが、男性ならば、亜鉛、ムチン、アルギニンといったモノ。 食材で言うならば、牡蠣や穴子、長芋やオクラ、レーズンや牛乳等様々です。 もし、不妊でお悩みのご夫婦がいたら……旦那さんにそれらの栄養素をとって貰うというのも、一つの方法としてお考え頂ければと思います。

不妊の原因は男女ともにある

結婚して普通に夫婦生活を送っているにもかかわらず1年2年となかなか妊娠しない状態を不妊と呼んでいます。不妊の原因というのはいまだに解明されていない部分も多いのが現状です。 不妊を疑って専門の病院へ相談に行くとまず様々な検査をしますが、そこで原因がはっきり分かれば治療の道が開け妊娠の希望が持てますが、検査では何の問題もない場合が大半を占めているとも言われています。 女性側が原因としてあげられるのは、子宮や卵巣に問題がある場合です。子宮に筋腫があったり、排卵がきちんと行われていない場合、卵子の数や質が妊娠に影響を及ぼしている場合、また卵管閉塞などにより排卵されていても卵子がうまく運ばれないなどだそうです。男性側が原因としてあげられるのは、精子の数や運動率が主だそうです。中には精子が全く存在しない無精子症の人もいるのです。しかし男女ともに何の問題もないのに不妊だったり、妊娠してもすぐに流産してしまう人の方が圧倒的に多いのです。